2007-08-17
連続ブッシュキャンプ

seagull logo それでは、モスクワ以降の連日ブッシュキャンプシリーズ



一泊目

ブッシュキャンプに適した、「ちょっと道から外れた、ちょっと人目につかないところ」とは、同時に、雉打ち場(登山用語だっけ?)になっていたりするんですよねぇ。雉打ち場って何かって?二番目の写真、よく見ると、白い紙があちこちあるの、見えません?そういうところです(笑)
テントの中で、お香を炊くのが、おしゃれです。




二泊目

防風林を背後に、果てしなく?広がる平原です。二つ目の写真はテントの中から撮影。





三泊目

木立のはるか向こうに、国道を走る車が見えます。写真では、うまく見えていませんが。




四泊目

おお!やっと見つけた水辺!しかし、水は汚れて汚く、足と手は洗えても、顔までは洗う気になれませんでした。釣竿も出さずじまい。




五泊目
前日のそれは、リーチ目だったのか?!走行中、魚のいそうな川を渡る橋にさしかかる。さっそく、国道からはずれ、川岸を探す。


国道から川岸へ出るまで、約2km、泥道を突き進む。戻ろうか、どうしようか、何度も迷う。

やっと到着!TETSUROHも思わず、寝転がる?(スタンドがめり込んで、倒れてしまった)。ブリジストンのTW(タイヤ)も、泥道では、ただの坊主タイヤ。

汗びっしょりの服を脱ぎ捨て、川へ!川の真ん中まで行っても膝下の水深。川の中ほどから岸辺を撮影!
頭も体も、川で洗いました。

ルアーを振ると、ヒットしてきました!計三匹釣りました。一匹は晩のおかずに。これはもう、めったに味わえない、最高のブッシュキャンプです。




翌朝は、川面を霧が。
再び悪路を抜けて国道へ。荷物満載のバイクなので、タイヤがめり込んで、大変でした。





六泊目

前日の川に続き、今度は湖です。

白樺林を抜けると・・・・そこは、ごみだらけだった・・・・

半ば公然と?ブッシュキャンプをする人は多いようで。焚き火の跡&ゴミの山がいたるところに。ロシアの場合。勝手にキャンプをしようが、ごみを捨てようが、お咎めなしのような感じが無きにしも非ず。




テントを張るよりも先に、竿を出しました。小魚の群ればかりで、ルアーに食いつけそうになかったです。そこで、サビキ(針が何本もついている仕掛け)に切り替え、サビキでサンビキ(三匹)釣りました。 小あじ用でしたが、ワカサギ用の針だったら、鈴なりに釣れたかも。




七泊目

水辺に満足し、今度は、夕日の見える、白樺林にて。晴れていたので、日が沈む前(って、日没は夜の9時~10時なのですが)に、この前、川で洗った洗濯物を干すことに。写真は六時か七時ころかな。ようやく、日が傾いてきたって感じです。



八泊目

人に気づかれないよう、陰になる場所を探すのに苦労しました。ここも近くに、水たまりみたいな池があったのですが、汚くにごっていて、岸辺はぬかるみ。竿は振ってみましたが、魚の気配すら感じないので、早々に切り上げました。体は洗いましたが、岸辺がぬかるみのため、裸のまま足がはまって動けなかったりで、大変でした。



オムスクでホテル泊

ついに、ホテル泊。
電池類の充電と、インターネットをやるために泊まった、という感じでしょうか。あと、洗濯。火災報知器に恐れをなしながら、部屋で自炊。
メールチェックやブログ更新にこだわらなければ、たとえホテル泊をするにしても、郊外のモーテルにしていたと思います。人の多い町中は、どうしても落ち着かないんです。


新たに一泊目

ロシアは白樺が多いです。
朝、馬を散歩に?連れてきた人が通りかかりました。幸い、お咎めなしです。ロシアなら、人に見つかっても、そんなに心配いらないかも。



新たに二泊目

平原?に、数十mほど、木立のトンネルがありました。これはお洒落!と思って、ここに設営。テントで一休みしていると、突然、サイドカーがテントの前を通り抜けていったのには驚き。わき道からも外れている場所なのに、なんで、こんなところをわざわざ走るのだ?!
夜中に車が来て、テントごと轢かれたらいやなので、トンネルの入り口にバリケードを張りました。

設営後、まもなく雨。翌朝になってもやまず、雨の中の撤収。キャンパーにとって、雨の中の撤収は、一番いやなパターン。そして雨の中、ひたすら走り、ノボシビルスクに到着。




モンゴル方面の情報を収集する関係もあり、今晩は、オールナイトのネットカフェで一夜を過ごすことに。

---
このブログに座布団一枚 / PRノートへ / GPS世界ツーリング国別情報
し~がるの現在地は、Novosibirsk, RUSSIAです。青色の地名を、画面右のグーグルマップで検索してみてね。



4 コメント | コメントを書く  

4 コメント:

5-saiji さんのコメント...

野営を見てると北海道みたいなトコなのかな・・?熊は出ないんですか?東へ東へ、、大陸を感じるんだろうなぁ。釣った魚、バラクーダみたいなの居ますね。彼を食っちゃったのかな、、昨日日本は最高気温記録だったかな、40.9℃。ふぅ~です。

2007年8月17日 4:32

し~がる さんのコメント...

>5-saijiさん、
コメントありがとうございます。
熊はでませんねぇ。世界ツーリングで怖い動物といったら、犬でしょうか。途上国だと、野犬が結構いる国もあって、走っているバイクを追ってきたりもします。南米の標高の高いところではバイクのスピードも出ず、大変だそうで。また、牧羊犬も、よくバイクを追っかけてくるし。チャリダーはもう、完全に餌食だとか。

バラクーダみたいなのは、長くて鍋に入りそうになかったし、気持ち悪かったので逃がしました。一枚目の写真の魚を食べました。

マラリアに罹患すると、体温40度は軽く超えます(笑)。し~がるがギリシアほか、中欧にいたときは、気温43度くらいだったかな。
アフリカの乾燥地帯では、気温40度なんて、ざらですが、湿度が低いので、日陰にいるだけで、大分、ちがったりしますよ。日本は多湿だから、結構、しんどかったのではないでしょうか。

2007年8月17日 6:16

そらのあお さんのコメント...

何度もまたコメント失敗です。??

このキャンプの記事、いいですね。
白樺の中も歩いてみたいし、
魚も釣ってみたい・・・。
キャンプに行きたくなっちゃった。

辰野さんのTVは教室よりも
外で生き生きしている姿が
印象的でした。

最近、近所のイオンにモンベルが入って
喜んでいますー。またいこっと。

2007年8月18日 5:54

し~がる さんのコメント...

そらのあおさん、コメントありがとうございます。

行きましょう、行きましょう、キャンプに行きましょう!
モンベルは日本のメーカーですが、海外での認知度は、いまいちのようです。がんばれ日本!がんばれモンベル!です。

2007年8月30日 14:36

Template Design: © 2007 Envy Inc.