2008-01-20
自殺の仕方

seagull logo興味深いサイトがありました。検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

18歳未満の方や、心臓の弱い方には、閲覧はお勧めしません。
フフフフフフフ へ(--へ)

>九割方、パクリです。元ネタになったサイトの方、盗んでゴメンナサイ。



自殺の仕方




失血
出血多量で死ぬやつです。よく誤解されていますが、普通、手首を切ったくらいでは死ねません。血が抜けきる前に、血が止まるか発見されるかして、助かってしまいます。
やってみればわかりますが、すごく痛いです。自分で自分の体を傷付けるのは、なかなか難しいものです。
そこで、ここはプロに任せましょう。餅は餅屋、血抜きは血抜き屋。そうです、献血センターです。あなたの体に針を刺し、効率よく血を抜いてくれます。「200ccとは言わず、全部抜いてくれ~」と切実に訴えましょう。もし断られたら、休憩室でヤクルトを飲みながら、再び来月、挑戦しにきましょう。こうして毎月、続けて行ってみて下さい。通算で計算すれば、致死量に達するくらいの血は、いつか抜かれているでしょう。





焼身
これは自殺の中でも、かなりの苦痛を伴う自殺です。焼身で失敗した人は、二度と自殺を繰り返さないでいる、と言われているほどの激しい苦痛です。半端な気持ちや体力では、成し遂げられない方法です。
まず、未遂で終わらないよう、焼身に耐えられる体になっておく必要があります。そこでガソリンや灯油の代わりに、頭から氷水をかぶりましょう。この時、心臓マヒで死んでしまわないように気をつけてください。これを毎日繰り返します。こうして精神や肉体を鍛え上げ、どんな苦難・苦痛にも立ち向かえるほどの自分になっていってください。





ガス死

ガス自殺しようとして部屋にガスを充満させたら、引火して爆死した、というニュースが過去にあったと思います。これでは、何のためにガスを充満させたのか、わからなくなってしまいますね。また、貧しくてガスを止められていたため、ガスを充満させるどころか、カップラーメンのお湯を沸かすこともできず、餓死しかけたと言う、情けない話もあるそうです。
まず、ガスがないときは、天然ガスを使うのが、安価でお勧めです。それは、「おなら」です。「生きている証拠」と言われるだけあって、あなたが生きている限り、手軽に入手できます。これを致死量に達するまで、一所懸命、部屋に充満させてください。ガスの成分は、食べるものによっても変わってきますので、いろいろ研究してみましょう。





入水

川や湖などの水は、意外と汚れています。入水したとき、うっかり水を飲み込んでしまうと、水中の雑菌が体に入り、病気になってしまう恐れがあります。実は入水なんて、外へ行かなくても、家の中で簡単にやれるものです。
まず、風呂をきれいに掃除し、湯を沸かしましょう。一番風呂のきれいな湯なら、雑菌はありません(多分)。風呂に入ったら、せーのっ!で頭のてっぺんまで湯につかり、1、2、3~と数を数えます。そして、10000を数えるまで、湯につかっていてください。もし、10000まで数えられなかった場合、それはまだ、あなたの根性が足りない証拠です。こういうときは、頭と体を洗い、風呂から上がってビールでも飲みましょう。そして明日以降、再挑戦してみてください。





安楽死

オランダなど、合法化されている地域があります。
ではまず、不治の病にかかりましょう。そして、医者に、「不治の病、余生はあと**日」、みたいな証明書を書いてもらいましょう。家族の同意書も取り付けておきます。弁護士その他、関係機関からの書類も用意しておきましょう。そこまで用意しても、日本ではやってもらえるかはわかりませんので、やってもらえそうな地域へ行きましょう。国籍を変える必要があるかもしれません。がんばって条件をクリアーしましょう。
これらの手続きは、時間が勝負です。速やかに手続きを済ませないと、医者の宣告した寿命に、先に達してしまう恐れがあります。





自然死

究極の自殺です。日ごろから身の振る舞いに気をつけ、病死や事故死を起こしてしまわないようにします。口でいうのは簡単ですが、結構難しいものです。世の中、病気や事故で死ぬ人の方が圧倒的に多いですから。
長くても百数十年以内には、天寿を全うして、自然死に至ることができるはずです。し~がる一番のおすすめ。





古典的な死に方

「うどんで首をくくる」「豆腐の角に頭をぶつけて死ぬ」などが、よく知られております。


---
PRノートへ / GPS世界ツーリング国別情報
し~がるの現在地は日本です。青色の地名を画面右のグーグルマップで検索する人などいないよね。

© seagull リンクフリーですが、無断転載は禁じます。
[続きを読む...]



3 コメント | コメントを書く  

3 コメント:

dada さんのコメント...

定期的に献血に
行って見ようかと思います。

とても緊張して読みました。(・_・;)

2008年1月21日 12:44

そらのあお さんのコメント...

タイトルを見て、え??
と思ったけど、
結構たくましくなるかもね~。
と思ったりしました。


ぽちっとな!
何度もどくろの煙に巻かれても
死なないぞー!
今日のメカは
ハリセンメカでしたー!

2008年1月21日 19:53

し~がる さんのコメント...

みなさん、コメントありがとうございます。

>dadaさん、
緊張しないで、笑って読んでください(^^)。

>そらのあおさん、
何をするにも?強靭な精神と体が必要なのかもしれません???


ヤッターマン見ました!感激!

どろんじょ様が、ヤッターマンの決まり文句に対し、
「懐かしいせりふだねー!」
と言ったのはウケました。バブルの崩壊だの、あれやこれや、30年前のヤッターマンを知っている世代(現三十代?)も意識したつくりには感激もひとしお(T-T)。

そうそう、エンディングも気に入りました。アニメーションでああいうのがエンディングに来る事を期待していたら、まさにドンピシャリ!どろんじょ様のあんな姿を見たかったんです!

2008年1月21日 20:09

Template Design: © 2007 Envy Inc.