2008-04-06
神戸クリニックでの治療(実録)

seagull logo神戸クリニックでの手術当日の実録です

飛べ!世界へ!SEAGULL (ブログ2): 神戸クリニック、噂は本当だった!など、どうでもいい!という方のために、別の視点から、あらためてレポートです。
(;^_^A アセアセ・・・

>
手術室に入れたのは、予約した時間から一時間あまり後
まあ、その時間内に、受付や支払い、診察があったのですが、それらはすぐに終わることで、長い間、待合室で待つ羽目になりました。
手術のスケジュールを覗き見すると、同じ時間に二名、15分おきに区切っている様子でした。15分に二名の手術は、ちょっと厳しくないかい?手術台は一つだし。だから患者の待ち時間も増える?



患者の間違え
呼ばれたとき、名前を聞き間違えて、立ち上がったし~がるがいけないのですが、手術室に入る準備をするときに、患者間違えであることが判明。もし間違えに気づかないままだったら、どないすんねん。いやまあ、だから、手術室に入る直前(と、手術台に上がってから)に、再度、患者確認をしてきたわけでしょうが。



ドクターが違う
事前の話では、吉田理事長に執刀してもらえるという話でした。あの、神戸クリニックの「顔」となっている方です。んがしかし、その日、吉田理事長は午前中までしか担当しないとかで、し~がるは別のドクターに。話が違うじゃん。まあ待っている間に午後になってしまっただけですが。
午前の手術を終え、待合室を横切って控え室に行こうとする吉田理事長を拝むことができたので、よしとします(?!)



手術待機場は、外から見えたりもする
手術室と、廊下との間には、二枚の扉があり、その扉と扉の間のスペースが、患者の手術準備の場。支度して、前の人の手術が終わるのをここで待ちます。このとき、今までしていたメガネをはずします。これが、メガネとのお別れのときです。感謝の気持ちでメガネをはずしましょう。

扉の向こうから、手術室の生々しい?音が聞こえてきます。しかし、扉に閉ざされていて、中の様子は伺えず。これが却って、恐怖心をあおるかも?
他方、廊下側のドアは、開くたびに、視力検査で待っている人の席から、自分の姿が見えてしまうので、ちょっと落ち着かないです。

それでも、これが銀座眼科の場合、手術室のドアは一枚で、スタッフが出入りするたびに、待合室に思いっきり手術中の姿をさらすことになります。それに比べたら、取るに足らず。品川とかは、もうフロア(階)からして、手術室は別になっていたはず。

さて、この手術室と廊下の間の微妙な空間(閉ざされた空間)で、前の人の手術が終わるまでの微妙な時間を、案内してくれる女性スタッフと過ごします。腕に自身のある方は、この不思議な時空で、がんばって口説き落としてみてください。

大抵の患者は、ここで待つ間、かなり緊張の様相を呈しているようです。しかし、し~がるを見た女性スタッフは、「意外と、あまり緊張していないみたいですね」と言ってきました。う~ん、例の噂の真相のほうが気になって、手に汗かいて緊張していたのですが・・・



手術室に入ってから出るまで
手術室は暗くしてあるため、最初ちょっとビビります(でも、一度、明かりをつけてもらえたかな)。緊張するゆとりをあたえないためか、手術室を見渡したり、医者や看護師の顔ぶれを確認する隙すら、与えてきません。促されるままに、手術台に横になり、名前を確認されて、頭を固定されて・・・、とトントンと進みます。手術台といっても、歯医者にあるようなイスです。これが倒れます。

事前の説明で、フラップを作る図などは見せてもらえますが、手術時の目ん玉を固定する器具や目ん玉を吸引する?器具については、写真などを見せてもらったわけでもなかったので、どんなものが、どんな風に、目玉にセットされたのか、気になってしょうがなかったです。



イントラレーザーでも移動なし
レーシックのクリニックによっては、フラップを作るためのイントラレーザーと、角膜を削るためのエキシマレーザーがそれぞれ別室で、イントラレーザーを照射したあと、患者が歩いてエキシマ・レーザーの部屋に移動させられるクリニックがあるようです。
んがしかし、神戸クリニックは、だまって横になって、看護師の手を握っているだけで、両方のレーザー照射を受けられます。部屋の移動なし。



手術後~暗室
手術後、入り口と同じ所を通って、手術室を出ます。このとき、次の手術の患者とすれ違うことになります。また、手術直後の格好のまま、暗室へ移動するのですが、このとき、視力検査などで待っている人の近くを通るため、見られます。まあ、別に気にしない人なら、気にすることでもないでしょうが。



暗室
リクライニングシート五席と、ブランケットとミネラルウォーターサービス。入り口の戸にカーテンがあるわけではないので、人が出入りするたびに、外から光が入ってきます。ちょっと落ち着きません。し~がるは、左目で手こずっていたことが関係していたのか、30分以上、1時間近くは、この部屋にいたと思います。人によってちがうと思います。し~がるより、あとに入ってきた人が先に呼ばれて出て行ったりもしていましたので。



検診~出所
ドクターに目を診てもらって、受付で目薬などをもらって、出所。視力検査は翌日検診で行います。

術後一週間着用する防護用のメガネは、普通のメガネのフレームに、度なしレンズが付いているもの。種類がいろいろあり、選べます。でも、あまりいいのはなし。このメガネはレンタルではなく、無料プレゼント。神戸の場合はほかに、自分のメガネのフレームに、2000円で色なし、3000円で色付き、の度なしレンズを入れてくれるサービスもあります。
品川だか、神奈川だかは、花粉よけメガネのような、ゴーグル風メガネだったと思います。で、レンタル品。
あ、そうそう、今まで使っていたメガネをしまう袋は、クリニックからもらえます。たしか、神奈川だかは、メガネケース持参を事前に言われます。

予約した時間から、ちょうど3時間後くらいに、やっとクリニックをあとにできました。ただ、し~がるの場合、ほかの人よりも遅かったと思います。暗室が長かったし、あれこれ、聞いたりもしていたので。

ところで、せっかく視力を回復したのに、メガネをかけてクリニックを後にしなければならないのが、腑に落ちません。



術後の症状
しみた感じがして、目を開けるのは、少しだけつらかったです。でも、数時間もすれば、普通に目を開けていられました。
ドライアイは、翌日以降、少し感じるようになりましたかねぇ。



視界
カスタム・ビューだったからでしょうか、たしかに、シャープに見えます。遠くのビルを見ると、そのビルの窓の線、というかビルの格子模様が、はっきりと見て取れます。めがね越しに見ていた世界よりは、シャープでクリアーな印象がありました。ただ、それがカスタム・ビューだからか、関係ないのかは謎。
ハロ、グレアですが、気づきませんでした。意識的に光を見て、「ああ、そういえば少しにじんで見えるなあ」といったぐらい。ただし、イントラ・レーシック&カスタム・ビューの組み合わせでの話です。



翌日検診
なんと!検診のスタッフは、男性でした。対応は丁寧で申し分はないのですが、やっぱ中年オヤジには女性スタッフを回してよ、せっかく遠路はるばる来たんだから(泣
なお、視力は両眼とも2.0を出してしまい、見え過ぎだ、と言われてしまいました。たしか、見え過ぎもよくなかったはず・・・



おまけ
し~がる自身の、手術時の映像をコピーしてほしいと、懇願しました。映像はあるそうですが、どうしてもコピーはしてもらえないようです。最終的に、クリニック内で見るならいい、となりました。ただ、手術室で見ることになるらしく、手術の開いている時間帯を後日、相談することになりました。

し~がるは昔、脳の手術をしたときも、病院に懇願して、自分の脳みその写真を印刷してもらったりしました。それを人に見せたら、ものすごい剣幕で嫌がられました。

レーシック関連の記事は、ラベルのレーシックをクリックすると、一覧が出てきます。
---
PRノートへ / GPS世界ツーリング国別情報
し~がるの現在地は日本です。

© seagull リンクフリーですが、無断転載は駄目です。
[続きを読む...]

6 コメント:

し~がる さんのコメント...

そうそう、皆さん、レーシックの手術を受けて視力を回復したら、免許証の書き換えを忘れないようにしましょう!

免許証に、「眼鏡等」と書かれたまま、メガネをせずに運転すると、違反になります。たとえ裸眼で見えていても。

視力回復手術で運転免許証はどーなる?

2008年4月6日 10:36

し~がる さんのコメント...

もう一つ、医療費控除の対象になる可能性が高いようです。サラリーマンの人も要チェックです!

近視手術レーシックは医療費控除の対象?

上記の二点(運転免許証、医療費控除)は、クリニックでも普段、説明はしていません。
気をつけましょう!

2008年4月6日 10:44

dada さんのコメント...

手術受けたんですね~
目が裸眼で見えるようになると
嬉しいですよね。

よかったですね。

2008年4月6日 18:21

びー さんのコメント...

とうとう手術受けたんですね♪
私は学校の健康診断では1.5でした。
(最高で1.5までしか測れませんでした:笑)

会社の健康診断では2.0です。
手術を受けて1年ちょっと経ちますが、経過は順調です。

メガネがなくなる事は本当に幸せな事ですよね!
無事に終わって何よりです!!
アフターケアをお忘れなく♪

2008年4月6日 22:54

し~がる さんのコメント...

みなさん、コメントありがとうございます。

>dadaさん、
ありがとうございます。おかげさまで~(=^-^=)
着替えるときなどに、メガネを外そうとしてしまい、自分で笑っています。

バイクに乗る人は、ヘルメットをかぶるときにメガネを外したりする必要がなくなるので、これまた、とっても快適になるんですよ。


>びーさん、
ありがとうございます。とうとう受けました!
一ヵ月後くらいには、薄謝が届くかと思われますよ(^^)

神戸は年明けからかなり混んでいて、適応検査だけで一ヶ月待ち!大変でした。

2008年4月7日 7:11

し~がる さんのコメント...

のちにわかりました。

>手術室に入れたのは、予約した時間から一時間あまり後

ですが、予約した時間の60分後くらいに、手術の時刻がクリニック内で設定されているようです。

理由は、患者(の術式)などによって、時間がまちまちなためだそうです。その日、担当するドクターによっても、所要時間は変わってくるみたいです。それらの調整のためだそうです。

でも、それを患者に教えてくれないと、意味ないっす。(^^;

早いときだと、クリニックに着いてから手術室に入るまで、ほとんど待つことがないそうです。

し~がるが術後検査で訪問した日など、最後の患者の手術は、予定より2時間も早く終わっていたようです。

2008年4月24日 14:34

Template Design: © 2007 Envy Inc.