2008-04-07
【回顧録】女医の卵

seagull logoトルコのトラブゾンで、大学病院に検査入院していたときのことだ。

大学病院だけあって、医者の卵(学生)が大勢、研修している。
マラリアの疑いのある患者、し~がるは、そこで彼らの、いい勉強の材料だったようで。日本同様、めったにお目にかかれない?患者だ。


>し~がるが病室のベッドで休んでいると、どかどかと大勢の医者の卵たちがやってくる。教授のような人が、卵たちに向かって、あれこれ説明を始める。

卵たちは、し~がるを見たりしながら、教授の話に聞き入っている。し~がるの病気について、あれこれ説明しているようだけれど、トルコ語なので、よくわからない。

教授が一通り説明すると、「じゃあ、次行こう」と言った感じで、どかどかと出て行こうとする。



おいおい、ちょっと待てよ!

一体なんだったんだ?し~がるの診察に来たわけじゃあないのか?こっちにも何かしら、説明していってくれよ。俺は動物園の動物じゃないんだ!


ごねる、し~がる。
しかし、彼らはほとんど、英語を話せない。せいぜい、卵の一人が、簡単な英語で、

大丈夫だ、問題ないよ、

言ってくるだけだ。

し~がるをネタに、長々と教授?が話していて、し~がる自身には、「大丈夫だ、問題ないよ」とだけ言われても、かえって不安が募るばかりじゃないか。ストレスもたまる。




そしてまた、同じことが起きて、し~がるがごねたときだった。




女医の卵が、ぽんぽん、とやさしく背中をたたいてくれた。




あ、




し~がるの心の中の毒素を、一気に抜き去られてしまった。

---
PRノートへ / GPS世界ツーリング国別情報
し~がるの現在地は日本です。

© seagull リンクフリーですが、無断転載は駄目です。
[続きを読む...]



3 コメント | コメントを書く  

3 コメント:

dada さんのコメント...

な・・・なんなんだ?
女性の ポンポンと叩いてくれるだけで、
気分が 治っちゃうの?^m^

2008年4月7日 12:19

そらのあおのそら さんのコメント...

その女医さん、し~がるさんの好みのタイプ?だった?
いやいや、手術中の右手・・・
良かったですね~。
女性にもするんだろうか・・・。

2008年4月8日 5:19

し~がる さんのコメント...

みなさん、コメントありがとうございます。

>dadaさん、
愛に溢れている女性だと、そうらしいです^m^

>そらのあおのそらさん、
好みではありませんでしたねぇ。(^^;

神戸クリニックは、どうやら女性にも(女性が)しているようですよ、それらしき写真をネット上に見かけました。
また、老眼治療のじいさんも、手を握ってもらえて、えらく感激していたようでし。(=^-^=)

2008年4月10日 13:26

Template Design: © 2007 Envy Inc.